ビスクカンパニー

ビスク&カンパニー

ビスク&カンパニーは美濃焼のふるさと、岐阜県瑞浪市で創業100年の歴史を持つ丸伊陶業が、長年にわたる陶器の知識と経験を生かして作り上げた、ポタリーペインティング専用のビスク(白い素焼きの器)を製造販売している会社です。
同時に、そのビスクに適したグレーズ(陶器専用絵具)をアメリカのダンカン社、イタリアのコロロビア社から輸入販売しています。
ビスクは100種類以上、グレーズは約250色を取り揃えています。塗りやすく発色がとても良く、特に赤色があざやかに発色するが特徴です。

ポタリーペインティング

ポタリーペインティング

ポタリーペインティングによる絵付けは、従来の和陶芸の風合いとは異なる、南仏プロバンス風、イタリア風、マジョリカ焼き、オランダのデルフト焼きの風合い等、お好きなタイプの陶器を作り事が出来ます。
焼成温度が多少低い事から頑丈さの点では磁器には及びませんが、厚手でゆったりとした手作りの暖かみが感じられます。
毎日の食卓に、または絵画のように壁に飾ったり、日付やサインを入れて記念プレートやプレゼントにと楽しめます。

グレーズ

グレーズ(陶器専用絵具)

グレーズは練り状なのでボトルから絞り出し水彩絵の具のようにそのまま、または水で薄めて使え、さらに混色をする事も出来ます。
絵付けをした後は、専用釉薬(クリアグレーズ)をかけ、陶芸用の窯で約1000℃での焼成が必要です。グレーズはポタリービスク以外の土にも使う事が出来ます。詳しくはカタログでご覧下さい。

キルン

キルン(窯)

和陶芸とは違って、ポタリーは自分で釉薬や焼成温度を試行錯誤や調整したりせずに、指定のビスクとグレーズ、指定の温度で焼成すると、ほぼ間違えなくきれいに焼き上がります。
ですが、そこはやっぱり焼き物、いろいろな条件が重なって上手く焼き上がらない事もあります。窯の蓋を開ける時のドキドキ感!またそれが楽しみでもあります。
ポタリーペインティングはアメリカ生まれなので、窯も温度の上昇率や設定の点でアメリカ製が適しています。
日本向けに改造され、100ボルト使用で電気工事のいらない、室内に置ける物もあります。
また販売店のメンテナンスサポートも丁寧にいたしますので、国産窯と同じ様に安心して使って頂けます。
販売店の協力によりアカデミア会員の方には会員割引がありますので、お問い合せ下さい。
詳しくはこちらをご覧下さい。<アートファクトリー神戸のスカット陶芸窯>

ポタリー協会

アカデミアとポタリー協会

2014年よりアカデミアはポタリーペインティング協会と統合し、アカデミアの名称は無くなりました。

■住所 岐阜県瑞浪市陶町猿爪(スエチョウマシヅメ)918  ■電話 0572-65-4717  ■FAX. 0572-65-2432

サポートはミロスタジオが行なっていますので、焼成やグレーズに関するお問合せはこちらにお願い致します。また焼成サービスも行なっていますのでご相談下さい。E-mail, mirostu@se.catv.ne.jp